恋人は身内ではなく他人であると思うこと

せっかくの出会いを無駄にしたくない、これは多くの人の望みです。幼い頃出会った幼なじみであろうが、恩師であろうが、青春期に出会った親友であろうが、その人が自分にとって大切であればあるほど、この関係が永久に続けばよいと感じるものです。

そして相手のためなら、どんな努力でもしようと思うでしょう。ところが身内になると、また少し違ってきます。両親や兄弟などは、お互いに選択の余地なく生まれてきたという運命とも言える関係です。この関係は、自分の意思ではどうにもならないため、極端な場合には、他人との争い以上に悲惨な「骨肉の争い」に至ることもあります。

親子、或は兄弟だからというだけで、お互いに甘えが出てしまうからでしょう。一般に内弁慶と言われる人は、他人には丁重で、身内には厳しいものです。身内だから、どうせ離れられないのだからと、つい相手に対しては好き勝手に振る舞ってしまうのです。

しかし、これが他人同士だったらどうでしょう。あっと言う間に、相手は離れて行ってしまうのではないでしょうか。恋人関係も同じです。出会いはロマンチックでも、慣れてきたら恋人の事を身内と同じだと思ってしまう人がいます。

言い換えれば、男でも女でも、恋人を自分の一部のように思い、自分の思い通りに動かそうとしたり、自分の希望通りにしてくれないと、むくれたりするようになりがちです。

これでは、相手に愛想をつかされても仕方ありません。恋人と長続きしたいと思ったら、相手はあくまでも、他人だと思うことです。相手が他人だからこそ尊重できるし、尊敬もできるのです。

出会いの時のときめきを思い出し、この人とずっと一緒にいたいと感じ、全身全霊で気持ちを捧げ、努力した時の事を忘れてはいけないのです。

いつまでも相手のことを大切にする心を持ち続けましょう!

恋人を探すのは簡単ではありません。そして、せっかくできた恋のお相手と良好な関係を保ち続けるためには、努力も必要なのです。

「傍にいてくれるのが当たり前」という気持ちで接していて、いつの間にか彼氏・彼女が離れてしまうことがないように気を付けてください。

急にいなくなってしまうと寂しいものです。思い当たる方は後悔する前に心を入れ替えましょう。

<関連サイト>
彼女が欲しいという男性に素敵な女性と巡り合う最善の方法をご紹介しています。
彼女が欲しい!最も早く理想的な女性をゲットする方法は?

約束は必ず守ること!

長く付き合っている恋人同士は、お互いの性格などもよくわかるようになり、かなり親密な関係になります。

そのため少しくらい我儘に振る舞っても大丈夫だと感じるようになってしまうのです。

しかし、いくら仲が良くても礼儀や普段の行動には注意してください。

最初は相手に対して気を遣っていても、親しくなるにつれて、甘えるようになってしまうのです。

親しいからといって、何でも許されるわけではありません。

特に「約束を守る」ことは重要です。これはどんな人に対しても言えることなのです。

もちろん、親子、兄弟、友達同士であっても約束は簡単に破ってはいけません。

私はかつて、ある女性から「私の彼は、知り合った頃はきちんと約束を守っていたのに、だんだん守らなくなってきた」と相談されたことがあります。

このようなケースでは、「このまま彼と交際しても良いのだろうか?」と悩んでしまうかもしれません。

約束を守れない人は信用できませんので、恋人として考えられなくなるのです。恋人関係が長く続くと将来結婚を考えるようになりますが、その結婚相手に信用できない人を選ぶという人はいませんね。

そのため愛想を尽かされて、別れ話を切り出され、恋人関係が崩壊する原因になってしまいます。

人間として当たり前のことですが、どんな人との約束であっても必ず守らなければなりません。これまでの言動を振り返って、思い当たることがある人は充分に反省して、直すようにしましょう。

恋人を拘束するような態度には注意!

もし、あなたに付き合っている恋人がいれば、その人の行動は気になりますね。

自分と会っていない時に、どこで何をしているか、知りたくなる時もあるでしょう。

さらに、恋人の携帯電話へかけても話中であったり、デートの時にメールのやり取りをしていれば、相手が誰であるかも気になるでしょう。

特に相手が異性であるとわかると、どんな関係なのか気になりますね。

つまり浮気を疑ってしまうということです。

中にはメールや電話の相手を聞き出したり、自分と会っていない時の行動をチェックしようとする人までいます。

また、1日の行動についての報告を求めてきたり、異性の友達と連絡を取り合うことを極端に嫌ったり、禁止する人もいます。

しかし、度が過ぎると拘束されているような感覚になり、あなたの恋人が息が詰まってしまいますので注意してください。

恋人の行動が気になるようになると切りがありません。

多少、焼き餅を焼くことは愛情の証ですので、重要なことかもしれませんが、やり過ぎは良くないのです。

人間はいろいろな人との繋がりが大切です。相手に異性のメル友や飲み友達がいるのは当然のことです。

恋人を拘束すると、窮屈な思いをして、あなたから逃げ出そうとしますので、恋人関係はうまくいきません。

長続きさせるためには、相手を信用することも必要です。あなたが好きになった人ですので信じてあげましょう。

交際日記を付けてみる

あなたの憧れの人と素敵な恋人同士になれたのであれば、そのまま愛を育んで、できれば結婚したいと思うのは当然ですね。

そこで、相手に対して親切にしてあげたり、困っている時に助けてあげるなどして、いつまでも仲良く信頼し合える関係を続けていこうとするのです。

恋人関係を長く続ければ結婚が見えてきますので、幸せを掴むことに繋がります。

そこで良い方法の1つとして紹介したいのが、交際日記を付けることです。

交際日記というのは私が考えたのですが、恋人と会った時の内容を細かく記録しておくものです。デートの内容や相手との会話などを、なるべく詳細に記録しておきましょう。

できれば時系列で、どんなデートをしたか、誰でもわかるようにする事が望ましいです。

交際相手にわからないようにブログなどに残す事も良い方法です。

そして、「こんな会話をしたら相手が喜んだ」「こんな事を言ったら嫌な顔をした」なども残せておければ上出来です。

交際日記はデートなどを重ねるごとに、どんどんページが増えていきます。

これが何の役に立つか疑問に思う人もいるかもしれませんが、この日記を読むことによって恋人の性格や考え方などがわかってくるのです。

そのため、「どうすれば相手が喜んで、どんな事をすれば嫌われるか」などがハッキリわかるようになりますので、良い関係を保つための参考になるのです。

また、デートの内容を記録しておく事は「いつどこに行った」ということが一目でわかりますので、その後のデートに役立てることも可能です。

面倒な作業かもしれませんが、ぜひ実践してみてください。

相手に合わせて臨機応変に行動する!

恋人関係を長続きさせる秘訣で最も大切なことは、相手に合わせて臨機応変に行動することです。

今は恋人との交際方法についてマニュアルなどで紹介されていますが、「こんな時は、このように行動しましょう」と説明されていても、それがすべての人に当てはまるわけではありません。

「相手が喜んでくれるだろう」と思って行ったことが逆効果になることもあります。「良かれ」と思った事が相手を不愉快な気分にさせたり、迷惑をかけることもあるのです。

そのため、その人の立場、性格、考え方を充分に理解してから行動することが重要です。それを理解しないで自分勝手な判断で行動する事は自己満足でしかないのです。

例えば、相手が何かの理由で落ち込んで独りにして欲しい時に、元気づけようとして、友達を集めて騒いだり、賑やかな場所へ連れて行くことは迷惑でしかありませんね。

このような事がないように、普段から相手を充分に観察するようにしましょう。恋人の言動を心に刻んでおくことが大切です。それが恋人と良好な関係を保つ方法です。

場合によっては別れる原因になることがありますので、かなり注意が必要です。軽率な行動が取り返しがつかない事を引き起こすケースもありますので、充分に気をつけましょう。

自分磨きを怠らないこと

誰でも素敵な恋人が欲しいと思ったら、自分を魅力的に見せるために努力をします。

女性であれば、ダイエットをしたり、エステで脱毛や肌のお手入れなどを行います。また、男性であっても髪型をバッチリ決めたり、ヒゲを綺麗に剃って清潔感をアピールします。いわゆる自分磨きですね。

では、どうしてこのような努力をするのでしょうか?

それは見た目が悪い人は恋人の対象外であると判断される事が多いからです。恋人を見た目だけで判断する人は少ないですが、それでもある程度、最低ラインというものがあります。

そのため、どんなに性格が良くても恋人候補として考えてくれませんので、恋人探しをしている人は常に自分を美しく魅せることを考えています。

ところが、すでに恋人がいる人は自分磨きを怠るケースがあります。その理由は、すでに恋人がいるので安心してしまうからです。

女性であれば、体型を気にしないで好きな物をどんどん食べて太ってしまったり、男性であれば、髪がボサボサで不潔な状態であっても平気でデートに来ることもあります。

そうなると相手から嫌われることがあるのです。

中には交際を始めてから20キロ以上も太ってしまう女性もいますが、全く別人のように変わってしまいますので、男性から見ると魅力がなくなってしまうのです。

すると男性はその恋人の女性に興味がなくなり、別の人に目がいってしまいます。それが浮気の原因にもなり、恋人関係の崩壊にも繋がるのです。

そのため恋人がいるからといって、安心して自分磨きを怠ってはいけません。

恋人関係を長続きさせるためには、常に自分を魅力的に見せるように努力してください。そうしなければ、あなたの恋人の心は別の異性に傾いてしまいますよ。

金銭の貸し借りは避けましょう!

どんなに親しい人同士であっても金銭の貸し借りを行ってはいけません。金銭問題で友達を失った人はたくさんいます。

もちろん、これは恋人関係であっても例外ではありません。

そのため相手がどんなに経済的に困っていても心を鬼にして、お金は貸さないようにしましょう。恋人関係が破局する要因にもなるのです。

お金をすぐに返済できる場合は問題ありませんが、なかなか返すことができないケースが多いため、避けたほうが賢明です。

お金を貸した側はデートをするたびに返済の催促をすることになりますし、借りた側は「申し訳ない」という気持ちになり、デートで相手に会うことが苦痛になってしまいます。

そして場合によっては喧嘩に発展することもありますし、借りた側は相手に会うことに消極的になり、自然消滅することもあるのです。

しかし、愛する人が困っている時は、どうしてもお金を貸してあげたくなりますね。これは当然のことです。

では、どうすれば良いでしょう?

相手はお金が必要であるにもかかわらず、用意ができなくて困っていますので、事情を聴いて相談に乗り、解決法を考えてあげることです。

もちろん、その際にあなたがお金を貸してはいけません。別の解決法を見つけてあげてください。

女性側が経済的に困っている場合は、一緒に仕事を探してあげても良いでしょう。または、結婚するのも1つの方法です。お互いに好きなのであれば、男性が経済的に支えてあげましょう。

相手が経済的に困っているからといってお金を貸しても根本的な解決にはなりませんので、金銭の貸し借りはあまり意味がないのです。最善の解決法を考えてあげることが相手への愛情になるのです。

金銭の貸し借りは恋人関係を崩壊させてしまいます。良好な関係を長続きさせたいのであれば避けるようにしましょう。

物事を自分軸ではなく相手軸で考える

恋人同士であれば、相手に思いやりを持つことはとても重要なことです。物事についても、自分よりも相手の立ち場を優先して考えてあげることが大切です。

そのようなカップルであれば、良好な関係を長く継続することができるでしょう。

つまり、あらゆる物事について自分軸ではなく相手軸で捉えることによって、相手は優しさを感じることができますし、信頼関係が深まっていくのです。

自分ひとりで過ごしている時は自分軸で良いのですが、恋人と過ごす時は相手軸で考えるようにしましょう。せっかくの2人の時間を自分軸で過ごしていると、自分勝手な人間であると見られてしまいます。

自分勝手な性格では人から好かれることはありません。もし、自分の恋人に対して自分勝手な行動を取れば、愛想を尽かされることは間違いないでしょう。

具体的にはデートなどの時に、自分の都合を優先させることなどがあげられます。

例えば、待ち合わせ場所は、いつも自分の家の近所にあるコンビニエンスストアに決めていて、相手の家からは遠く不便なところにあるケースなどがあげられます。

お互いに対等の立場でデートしているのですから、自分だけでなく相手のことも考えて待ち合わせ場所を変更してあげることも必要です。

また、これは男性の方に多いのですが、歩くスピードを相手に合わせようとせず、自分で先に勝手に歩いて行ってしまう人もいます。

そうなると女性は、相手の男性に追いつくために、早歩きをしなければなりません。

そんなデートを繰り返していては、女性の方はとても疲れてしまいますね。

このように自分勝手な振る舞いは、相手を不愉快な気分にさせてしまうのです。

そのため、普段は自分軸で生活して、デートの時は相手軸に切り替えることが恋人関係を長続きさせる秘訣の1つと言えるのです。

プレゼントを贈ること

恋人や夫婦という関係であれば、あまりプレゼントなどは必要ないと思っている人も多いことでしょう。

プレゼントというのは、親しい友達や片想いの人へ贈るものというイメージを持つ傾向がありますが、身内や恋人などの間でも重要な役割を果たしてくれるのです。

特に恋人同士であれば、良好な関係を維持するためには欠かせません。誕生日、クリスマス、バレンタインデーなどはもちろんですが、何かおめでたい出来事などがあった時もプレゼントを贈るようにしましょう。

また、恋人として長年付き合っていると、デートなどがマンネリ化してしまいます。そんな時はお互いの気持ちが離れてしまうケースもありますので、プレゼント交換などによって気持ちを確かめ合うようにしてください。

それによって気持ちを繋ぎとめることが可能になるのです。

プレゼントというものは、もらうと嬉しいものです。そのため相手に感謝しますし、今まで以上に好きになります。

恋人関係が崩れそうな時はプレゼントが効果的です。もちろん、中身はそれほど豪華なものは必要ありません。

どこかで買った商品ではなく、自分で作ったものでも良いのです。

例えば男性が、女性が手作りしたアクセサリーや手編みのセーターなどをプレゼントされると、涙が出るくらい嬉しくなります。

男性は女性の手作りのプレゼントに弱いので、もし、女性の方で彼氏の心を繋ぎとめておきたいのであれば、手編みのマフラーなどを贈ってあげてください。

このようにプレゼントは、恋人関係を長続きさせるために役立たせることができるのです。

秘密や隠し事を作らないこと

現在、交際中の彼氏や彼女がいる人の中には、相手に対して秘密や隠し事があるという人も多いのではないでしょうか?

しかし、恋人関係を長続きさせるのであれば、なるべく秘密を作らないことが大切です。

最善の方法は、交際する前にすべてを打ち明けることですが、その場合は相手に嫌われる不安もありますので、なかなか切り出せないと思います。

ところが、正直に話してみると相手に嫌われることもなく、何の影響もなかったということが多いのです。

また、秘密や隠し事の内容によっては相手に同情してもらえることもあり、その事が原因で悩んでいるのであれば、一緒に解決する方法も考えてくれるのです。

例えば、「以前、交際していた異性にストーカーのようにつきまとわれている」などの問題を正直に打ち明ければ、一緒に警察に行ってくれるかもしれませんね。

そのため何でも隠さないことが大切です。

もし、交際中に相手に秘密がわかってしまうと、あなたを信用できなくなってしまうかもしれません。

秘密にしていた内容よりも、正直に話してくれなかった事に対して幻滅してしまうのです。

また、自分から言わなくても、いつ隠し事がわかってしまうかわかりませんので、心配になることがあると思います。

それを考慮しても何も隠さないほうが良いでしょう。

いずれにしても、恋人と良好な関係を長く維持したいのであれば、何でも話をするようにしましょう。

交際する前に、言いづらい事も全部打ち明けて、相手に嫌われた時は縁がなかったと考えてください。

あなたのすべてを受け入れてくれる人でないと、長く恋人関係を継続するのは難しいでしょう。