恋人は身内ではなく他人であると思うこと

せっかくの出会いを無駄にしたくない、これは多くの人の望みです。幼い頃出会った幼なじみであろうが、恩師であろうが、青春期に出会った親友であろうが、その人が自分にとって大切であればあるほど、この関係が永久に続けばよいと感じるものです。

そして相手のためなら、どんな努力でもしようと思うでしょう。ところが身内になると、また少し違ってきます。両親や兄弟などは、お互いに選択の余地なく生まれてきたという運命とも言える関係です。この関係は、自分の意思ではどうにもならないため、極端な場合には、他人との争い以上に悲惨な「骨肉の争い」に至ることもあります。

親子、或は兄弟だからというだけで、お互いに甘えが出てしまうからでしょう。一般に内弁慶と言われる人は、他人には丁重で、身内には厳しいものです。身内だから、どうせ離れられないのだからと、つい相手に対しては好き勝手に振る舞ってしまうのです。

しかし、これが他人同士だったらどうでしょう。あっと言う間に、相手は離れて行ってしまうのではないでしょうか。恋人関係も同じです。出会いはロマンチックでも、慣れてきたら恋人の事を身内と同じだと思ってしまう人がいます。

言い換えれば、男でも女でも、恋人を自分の一部のように思い、自分の思い通りに動かそうとしたり、自分の希望通りにしてくれないと、むくれたりするようになりがちです。

これでは、相手に愛想をつかされても仕方ありません。恋人と長続きしたいと思ったら、相手はあくまでも、他人だと思うことです。相手が他人だからこそ尊重できるし、尊敬もできるのです。

出会いの時のときめきを思い出し、この人とずっと一緒にいたいと感じ、全身全霊で気持ちを捧げ、努力した時の事を忘れてはいけないのです。

いつまでも相手のことを大切にする心を持ち続けましょう!

恋人を探すのは簡単ではありません。そして、せっかくできた恋のお相手と良好な関係を保ち続けるためには、努力も必要なのです。

「傍にいてくれるのが当たり前」という気持ちで接していて、いつの間にか彼氏・彼女が離れてしまうことがないように気を付けてください。

急にいなくなってしまうと寂しいものです。思い当たる方は後悔する前に心を入れ替えましょう。

仕事が忙しくても恋人と会う時間を作ること!

仕事が忙しくなると、恋人とのお付き合いが疎かになる人がいますね。

これは特に男性の方に多いのですが、ある程度は仕方がないことかもしれません。

例えば、平日の仕事が朝早くから始まり、最終電車の時間まで働いて家に帰るという生活を続けていたら、平日に会えないのはもちろんですが、休日も疲れて1日中家で寝てしまうでしょう。

そして恋人からメールが来ても、なかなか返信することもできなくなるのです。

しかし、これを恋人の立場から見たらどうでしょうか?

「メールをしてもなかなか返信が来ない」「デートの約束をしようとしても、疲れているからと言って断られる」という状況が続くと、不安になるでしょう。

それが仕事であるとわかっていても、「私に会いたくないのでは?」と思われるかもしれません。

また、「他に恋人ができたので、仕事を口実にして私と会うのを避けている」と疑われることも考えられます。

そうなると恋人は、あなたから離れていきます。すぐに新しい恋人を作る人もいるでしょう。

これでは恋人関係も長続きしませんね。

では、どうしたら良いでしょうか?

まず、どんなに忙しくても恋人と会う時間を作ってください。

平日が難しければ、休日にどんなに疲れていても会うようにしましょう。

遠くへ出かける気力がない時は、あなたの家の近くのファミリーレストランで待ち合わせをしたり、1人暮らしの場合は、家に呼んで掃除や食事の用意をしてもらっても良いでしょう。

少し図々しくて嫌われると思うかもしれませんが、疲れていると言ってデートを断るよりは、断然良いです。

なぜなら相手が安心するからです。「本当に仕事が忙しくて、なかなか会えないんだ」ということがわかります。

また、恋人の立場から考えても、自分ができるだけのことをやってあげたいと思う気持ちがあると思いますので、部屋の掃除や食事の準備を喜んでする人も多いのです。

そうすれば、あなたも助かりますし、恋人も嬉しいのです。

機嫌が悪い時も愛想良く振る舞うこと!

恋人と会う時は、自分がどんな状況でも愛想良く振る舞うようにしましょう。

最も良くないケースは、自分の機嫌が悪い時に相手に八つ当たりをすることです。

日常生活の中では、機嫌が悪くなる要因はたくさんありますね。

例えば、「仕事で上司に怒られた」「電車の中で足を踏まれて、相手が謝罪しなかった」「買ったばかりのスーツを汚された」「車をぶつけられた」「交通違反で捕まった」などが考えられます。

しかし、いくら不機嫌だからといって、デートの時に怒りを発散されたのでは、恋人はたまりません。

せっかく恋人と過ごす楽しい時間なのに、愛想が悪いと相手は不愉快な思いをしますし、2度と会ってくれないかもしれません。

なぜなら、わざわざ相手の機嫌を伺いながらデートをするのは苦痛に感じるからです。

最悪のケースでは喧嘩になって別れたとい事例もありますし、このようなことが続くのであれば、恋人関係は長続きしません。

人間は喜怒哀楽があるのは当たり前のことですし、嬉しいことがあれば自然に喜びを表現しますし、気に入らないことがあれば頭に血がのぼって怒りの表情が出てしまうこともあるでしょう。

しかし、恋人と会っている時に怒りを発散するのは、一番行ってはいけない行為ですので、頭を切り替えて楽しく過ごすことを心がけましょう。

女性から嫌われやすい男性とは?

もし、あなたが男性で、現在交際している女性がいるならば、どんな男性が嫌われやすいか覚えておいたほうが良いでしょう。

これから恋人関係を長く継続する上で参考になるかもしれません。

まず、恋人の前でしつこく自慢話をする人がいますが、これは嫌われます。

「自分は一流企業に勤めている」「自分は仕事ができる」「ボウリングが得意で、すごいスコアを出したことがある」「難しい資格や技術を持っている」など、1度くらいさりげなく言うのは問題ありませんが、デートのたびに自慢話をされたのでは、相手も嫌気がさしてきます。

また、社会的なマナーも大切です。特にタバコのポイ捨てはいけません。

その人は普段からタバコのポイ捨てをやっていて、デートの時もその習慣が出てしまうのだと思いますが、マナーが悪い人は嫌われますので、普段からきちんと灰皿に捨てるように心がけるようにしましょう。

また、食事の時にキッチリ割り勘にする人がいますが、これも女性から嫌われます。中には1円単位まで計算する人がいますね。

あるいは、レジで会計する時に自分が注文したメニューの料金だけ支払って、お店からさっさと出てきてしまう人もいます。毎回レジで別々に支払わされるパターンです。

毎回女性にご馳走するのは経済的に厳しいかもしれませんが、恋人同士であるにもかかわらず、毎回きっちり割り勘では、女性は冷めてしまうでしょう。

これまで女性に嫌われやすいパターンをご紹介してきましたが、心当たりがある方は、なるべく早く改めることが大切です。

今は恋人同士として交際が順調だったとしても、これらの行動に相手が嫌気をさして、いつ別れ話をされるかわかりません。

1度、あなたのデートの時の行動を見直してみてください。

相手が大切にしているものを理解する

恋人同士はある程度気が合うと思いますが、価値観、好み、趣味などがすべて一致するとは限りません。

どうしても理解できないこともあります。

例えば、相手がいつも聴いている音楽やそのミュージシャンをどうしても好きになれないことがあると思いますが、そんな時に決して悪口を言ってはいけません。

「こんな音楽のどこがいいの?」「この歌手は歌が下手だね」などと言われると、相手は大きなショックを受けます。

自分が好きで大切にしているものを貶されるほど、不愉快なことはありません。

私は、それがきっかけで別れたというカップルを知っています。

恋人同士であれば、彼氏・彼女が大切にしているものを理解してあげなければいけません。

要するに恋人関係になるということは、相手のすべてを好きになって受け止める必要があるということです。

そうしなければ恋人関係は長続きしません。

この場合は、相手が好きな音楽のライブを一緒に観に行くくらいの気持ちが必要です。

これは日常生活のあらゆるものに当てはまります。

相手がいつも観ているテレビ番組、好きな俳優、好きな食べ物、尊敬する人物なども、あなたには理解できないことがあるかもしれませんが、それらをなるべく好きになるように努力しましょう。

そうすることによって相手との距離が縮まりますし、お互いの理解も深まります。

また、あなたが彼氏・彼女と共通のものを好きになれば、それだけデートの時の話題も増えるのです。

そうすると相手はとても喜びますし、あなたのことを今まで以上に好きになります。

これは逆の立場になるとわかりますが、あなたの恋人が、あなたと同じものを好きになってくれると嬉しいと思いませんか?

お互いに相手が喜ぶことをしてあげれば、恋人関係は長続きします。

恋人同士は平等であるという意識を持ちましょう!

恋人同士になり交際が始まるには、必ずどちらかが告白して、交際を申し込むなどのアクションを起こしています。

それがなければ交際がスタートすることはありません。

全く予想外の相手から告白されて戸惑った経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

告白するには勇気が必要ですし、とても緊張しますね。

好きな人がいたけれど、勇気がなくてアタックできず、片思いのままで終わってしまったという恋は、誰もが経験していることだと思います。

そして、もしアタックして相手が交際を承諾してくれれば、これほど嬉しいことはありません。

それに対し、告白された人の中には、「相手を好きではないけれど熱意に負けて付き合う」という人や、「今は恋人がいないので、とりあえず付き合ってみる」という人もいます。

そして交際が始まると、相手は自分のことを好きなので、ある程度わがままを聞いてくれますし、デートの時などは自分の意見を尊重してくれることが多いですね。

そしていつの間にか、最初は好きではなかった相手を好きになっていたり、自分を愛してくれる人が傍にいるのが当たり前のようになっているのです。

そのため、相手と別れたくないという気持ちが芽生えてきます。

しかし、相手は自分のことを愛してくれていますので、相変わらずわがままを言って甘えっぱなしです。

向こうは自分のことが好きなのだからと、傲慢な気持ちになってしまうのです。

現在恋愛中で、そんな立場の方がいたら要注意です。

ある日突然、「他に好きな人ができた」「好きではなくなった」「私が思っていた人と違った」などの理由で、別れ話を切り出されることがあります。

「相手は自分に夢中だから、大丈夫だろう」という考え方は改めたほうが良いでしょう。

向こうもあなたの傲慢な態度を我慢して耐え続けていますので、それがいつまで続くかわからないのです。

たとえ相手から告白されて交際が始まったとしても、立場は平等であると考えてください。あなたの立場が相手より上ということはありません。

交際を申し込まれてOKした時点で、すでに同等なのです。

「彼は私に夢中だから何でも言うことを聞いてくれる」という考えを持ち続けていると、突然恋人関係が崩れることになります。

そのため相手を尊重し、礼儀も忘れず、思いやりを持って、あくまでも相手と平等であるという意識を持って付き合うようにしてください。

恋人同士でも発言には注意しましょう!

どんなに親しい恋人同士でも相手に言ってはいけない言葉があります。口は災いの元と言いますが、軽い気持ちで言った言葉が原因で別れたカップルも多いのです。

恋人関係を維持したいのであれば、発言には充分に気を付けてください。

例えば、デートの待ち合わせをして、仕事が遅くなって遅刻した男性に対して女性が、「仕事の段取りが悪いのね」や、「要領が悪いのね」などと言ってはいけません。

これは冗談でも言わないほうが良いでしょう。まるで「仕事ができない男」と言われているような気分になります。これには男性は大きなショックを受けますので、注意しましょう。

男性は仕事にプライドを持っている人が多いので、仕事のことを女性から悪く言われるのを嫌う傾向があります。そのためもし仕事で遅くなったのであれば、「お仕事お疲れさま」や、「お仕事頑張ってるね」などと言ってあげるようにしましょう。

また、男性が女性に対して、「太ったね。ダイエットしたら」や「最近ふけたね」などと言ってはいけません。

女性は美しく魅せるためにエステに通ったり、スキンケアをしたり、男性ではわからないところで努力しています。

苦労しているにもかかわらず、男性から外見のことで悪く言われたらショックを受けるでしょう。

今までは一般的に男性や女性がショックを受ける言葉でしたが、個人個人でその人に対して言ってはいけない言葉がありますね。

例えば、髪の毛が薄くなっている彼氏に対して、「ハゲ」などと言ってはいけませんし、ニキビが多い彼女に「ニキビすごいね」などと間違っても言わないでください。

これらの軽い一言が原因で、恋人関係が一気に崩れることもあります。

恋人関係を長続きさせるためには、相手に対して絶対に言ってはいけない言葉がありますので、充分に注意してください。

たとえ、喧嘩している時でも言わないことが大切です。

交際のマンネリ化を防ぐこと!

交際が始まった頃は会うだけでもドキドキしていた恋人同士も、付き合う期間が長くなると、一緒にいるのが当たり前のようになり、やがて緊張感もなくなり、デートの場所や会話もマンネリ化してくることがあると思います。

そして相手に飽きてしまい、違う相手との恋愛を望むようになり、浮気をしたり、別れるケースもあるようです。

ところが別れてから数か月が経過して、これまで気が付かなかった相手の良さを認識して、「別れなければよかった!」と後悔することになるのです。

別れてしまってからでは遅いです。復縁するのは新しい恋人を探すよりも難しいでしょう。

そのため2人の関係がマンネリ化しないように常に心掛けなければなりません。

では、どうしたらよいでしょうか?

長い間交際していると、お互いの趣味や好みがわかり、デートの場所もワンパターンになりがちですね。

そこで新しいデートスポットを開拓するようにしてみましょう。

今まで気が付かなくて、身近なところに魅力的な場所を発見することがあるものです。インターネットなどでデートの穴場スポットなども紹介されていますので、いろいろ調べてみましょう。

また、あなたが新しいことを始めてみるのも良いでしょう。スポーツでも芸術でも良いのですが、何か夢中になるものを探して、一生懸命な姿を見せるのです。

あなたの意外な一面を見て相手も見る目が変わってくるかもしれません。

そして一番大切なことですが、会話がなければ恋人関係は長続きしないでしょう。

そのため会った時にどんな話をするか、常に話題をたくさん考えておきましょう。

もちろん、相手が興味がある話でないと意味がありません。全く興味がない話をすると聞いているだけでも苦痛ですので、お互いに興味がある話題を考えておくのです。

しかし、長年付き合っていると話のネタも尽きてしまいますね。難しい面もありますが、毎回違う話題で相手を楽しませる会話ができれば、マンネリ化を防ぐことができます。

もし、あなたも恋人と交際がマンネリ化になっているようでしたら、ぜひ参考にしてください。

喧嘩した時は自分から先に素直に謝る

恋人同士が別れる理由は様々ですが、些細なことで喧嘩をして、それまで築き上げてきた関係が一瞬にして崩れてしまうこともあります。

昨日までとても良好な関係で、別れる要素など微塵もなかったとしても、突然喧嘩になることがあるのです。

そして、どちらかが素直に謝れば良いのですが、お互いに意地を張り合ってなかなか謝罪しようとせずに、そのまま別れてしまうというケースもあります。

しかも、喧嘩の原因は本当につまらないことが多いため、後になって別れてしまったことを後悔します。

喧嘩になってしまった場合は、頭に血が上って冷静な判断力を失ってしまいますが、そんな時こそ、冷静さを持って、なるべく早く謝るようにしましょう。

あなたが先に頭を下げて謝るのであれば、相手は悪い気はしません。二人の仲は元通りになるでしょう。

しかし、これは本当に難しいことなのです。なかなか自分から先に謝ることができません。

そこで頭を下げられる人は、精神的に大人であり、素晴らしい人と言えるでしょう。

自分の気持ちをコントロールして、たとえ自分に落ち度がなく、相手の言動に問題があったとしても自分から謝ることにより、相手はあなたを見る目が変わってきます。

「喧嘩するほど仲が良い」、あるいは「雨降って地固まる」と言いますが、何度も衝突し合い、仲直りを繰り返しながら、お互いの関係が深まっていくものなのです。そのため喧嘩になってしまった時は、それをプラス思考に捉えるようにしましょう。

ただし、なるべく喧嘩は避けるようにしたほうが良いことは間違いありません。

本当に相手のことが好きで、将来的に結婚まで考えているのであれば、どんなことも我慢できると思いますので、些細なことで関係を壊してしまうことがないようにしてください。

また、喧嘩は「何気ない軽はずみな発言」が原因で起こることがあります。

例えば、彼氏が彼女のために苦労して人気映画のチケットを買って、観終わった時に彼女が、「この映画はテレビで話題になっていたけど、つまらなかったね」と言われたら彼氏はどう思うでしょう?

あるいは、彼氏が仕事が忙しくてデートに行けなくなり、断りの電話を入れるとします。その時に彼氏が彼女に対して、「ごめん!急に仕事が入って行けなくなった。仕事が大変なんだ!それに比べて、お前の仕事は楽でいいよな」などと間違っても言ってはいけません。

2つの例を挙げましたが、もし、冗談で言ったとしても、それが相手の心を傷つけてしまうこともあるのです。

そのため発言には十分に注意しましょう。

一番良いのは、喧嘩の原因を作らないことですので、普段から相手の立場になって物事を考えるようにしてください。

ルールを決めて付き合う

参考になるかわかりませんが、私が恋人と付き合う際に気を付けていたことをご紹介したいと思います。

私は学生時代に現在の夫と出会い、恋人として7年交際し、結婚しました。もともと同じサークルで気の合う友人ではあったのですが、付き合う際にいくつかルールを決め、現在も守り続けています。

1、何かしてもらったらありがとうと必ずお礼を言うこと。簡単なことですが、いつもしてもらっていることが当たり前になってしまうと、忘れてしまいがちです。ありがとうと言われると、この人の為に頑張ろう、と思えるので相手への思いやりの気持ちが深まります。

2、イライラしているときは宣言すること。自分がイライラいている事を、必ず相手が気づけるわけではないので、私たちはお互いに宣言することにしています。これを実践していると驚くほど喧嘩の回数が減少しました。

3、喧嘩するときはオネエ言葉で。オネエ言葉で怒っていると、お互いに笑えて起こる気力がなくなっていきます。激しく怒れば怒るほど、喧嘩はすぐに終了します。

以上が私が今まで付き合っていた中で気を付けていたことです。きちんと相手に感謝の気持ちを伝え、喧嘩をしないようにすることが大切なのではないでしょうか。

現在、ネットや合コン、街コンといったように出会いの場は増えていますが、実際に付き合い、恋人として長続きさせるのは難しいものです。せっかくの出会いを大切に長続きさせるためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。