恋人は身内ではなく他人であると思うこと

せっかくの出会いを無駄にしたくない、これは多くの人の望みです。幼い頃出会った幼なじみであろうが、恩師であろうが、青春期に出会った親友であろうが、その人が自分にとって大切であればあるほど、この関係が永久に続けばよいと感じるものです。

そして相手のためなら、どんな努力でもしようと思うでしょう。ところが身内になると、また少し違ってきます。両親や兄弟などは、お互いに選択の余地なく生まれてきたという運命とも言える関係です。この関係は、自分の意思ではどうにもならないため、極端な場合には、他人との争い以上に悲惨な「骨肉の争い」に至ることもあります。

親子、或は兄弟だからというだけで、お互いに甘えが出てしまうからでしょう。一般に内弁慶と言われる人は、他人には丁重で、身内には厳しいものです。身内だから、どうせ離れられないのだからと、つい相手に対しては好き勝手に振る舞ってしまうのです。

しかし、これが他人同士だったらどうでしょう。あっと言う間に、相手は離れて行ってしまうのではないでしょうか。恋人関係も同じです。出会いはロマンチックでも、慣れてきたら恋人の事を身内と同じだと思ってしまう人がいます。

言い換えれば、男でも女でも、恋人を自分の一部のように思い、自分の思い通りに動かそうとしたり、自分の希望通りにしてくれないと、むくれたりするようになりがちです。

これでは、相手に愛想をつかされても仕方ありません。恋人と長続きしたいと思ったら、相手はあくまでも、他人だと思うことです。相手が他人だからこそ尊重できるし、尊敬もできるのです。

出会いの時のときめきを思い出し、この人とずっと一緒にいたいと感じ、全身全霊で気持ちを捧げ、努力した時の事を忘れてはいけないのです。

いつまでも相手のことを大切にする心を持ち続けましょう!

恋人を探すのは簡単ではありません。そして、せっかくできた恋のお相手と良好な関係を保ち続けるためには、努力も必要なのです。

「傍にいてくれるのが当たり前」という気持ちで接していて、いつの間にか彼氏・彼女が離れてしまうことがないように気を付けてください。

急にいなくなってしまうと寂しいものです。思い当たる方は後悔する前に心を入れ替えましょう。

ルールを決めて付き合う

参考になるかわかりませんが、私が恋人と付き合う際に気を付けていたことをご紹介したいと思います。

私は学生時代に現在の夫と出会い、恋人として7年交際し、結婚しました。もともと同じサークルで気の合う友人ではあったのですが、付き合う際にいくつかルールを決め、現在も守り続けています。

1、何かしてもらったらありがとうと必ずお礼を言うこと。簡単なことですが、いつもしてもらっていることが当たり前になってしまうと、忘れてしまいがちです。ありがとうと言われると、この人の為に頑張ろう、と思えるので相手への思いやりの気持ちが深まります。

2、イライラしているときは宣言すること。自分がイライラいている事を、必ず相手が気づけるわけではないので、私たちはお互いに宣言することにしています。これを実践していると驚くほど喧嘩の回数が減少しました。

3、喧嘩するときはオネエ言葉で。オネエ言葉で怒っていると、お互いに笑えて起こる気力がなくなっていきます。激しく怒れば怒るほど、喧嘩はすぐに終了します。

以上が私が今まで付き合っていた中で気を付けていたことです。きちんと相手に感謝の気持ちを伝え、喧嘩をしないようにすることが大切なのではないでしょうか。

現在、ネットや合コン、街コンといったように出会いの場は増えていますが、実際に付き合い、恋人として長続きさせるのは難しいものです。せっかくの出会いを大切に長続きさせるためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。

新鮮な気持ちを持ち続けることが大切

あなたはどんな出会いで現在の恋人とつながりましたか、出会いのあと、恋人として何年も付き合っているとお互いに話し合うこともなくなって、なかなか話を盛り上げることが難しくなってしまったりしますよね。

出会いをしたばかりのころはお互いに話すことがいっぱいあったりして、お互い緊張しているとき以外に沈黙するということはなかなかなかなかったかと思われます。恋人同士なのに何も話すことがないと気まずいですよね。

誕生日やクリスマスといったお互いにプレゼントするのもなかなか見つけにくくなってしまいます、相手が何が好きなのか知っているけど、同じものばかりを贈るのもなんだか味気ないし、新鮮さが足りなくなってくるかと思われます。

そんな恋人同士が長続きするためには、なるべく新鮮な気持ちでいることが大切です。

恋人同士だからといって、いつも2人でしか出かけないという方は、もう少し別な人と行動をすることをお勧めいたします。

異性だとしても、お互いに違う人と遊んだりすることによって、次にお互いが合うときに話題ができますし、違ったお店に行けば、お互いにお店を紹介したりして、お互いが会話につまりにくい状態にすることがとても重要です。

お互いに違った趣味を持つこともいいですね。違う趣味を持てばお互いに趣味のことを話し合ったりするのも楽しいかと思われます。

デートする場所もエリアを毎回変えるのも新鮮味がでてとてもいいですね、お互い飽きないようにすることがとても重要です。

恋人同士になるより、長続きさせるほうが難しい

出会いと同じくらいに大事なのは恋人との関係を長続きさせることです。

実は恋人同士になるよりも、もっと難しい事になります。

まず当たり前のことですが相手に対して思いやりを持つことが大事です。これは誰もが知っていることですが実はなかなか実践するのが難しくなります。

相手に対する思いやりが必ずしも自分に利益をもたらすとは限らないからです。

利害関係が一致しないことも多いのでそのときには思いやりを持てなくなります。

そしてあまり夜遅くに恋人に電話をかけるのもやめてください。自分が眠たいときに電話がかかってくると不愉快に思うはずです。

自分本位な考え方では恋人はこのまま付き合っていると大変だと思い、何かきっかけばあれば別れようと思ってしまいます。

また浮気の要因にもなるので注意してください。

他にも気を付けてほしいのがお金に関してはいい加減にしないことです。

自分達には愛があるのでお金の貸し借りをしても問題はないと思うかもしれませんがこれが原因で別れるカップルも少なくありません。

そして最後には泥沼になって別れることになります。

もしも金銭的な受け渡しをするのであればもう返済してもらえないつもりであげるようにしてください。

出会いから交際に至るまでよりも長続きをさせることのほうが大事なのは交際するときよりもモチベーションが下がってしまうことが多いからです。

釣った魚にはえさはやらないという気持ちを持っていれば必ず破局を迎えます。

ある程度妥協して歩み寄ることが大切

付き合い始めてもすぐに別れてしまう人もたくさんいます。男女間の恋人関係というのが、人によっては軽く思われていることもあるし、すごく重いものと思われていることもあります。

そのあたりの感覚の違いが難しいところです。

一日二日の付き合いであれば、恋人関係とも捉えていいのかもわかりませんが、やはり付き合いを始めるのであれば、長くじっくり相手のことを知っていきたいものです。

これは出会いにも関係するのでしょう。どういったところで、どういった関係の出会いだったのかというきっかけも重要でしょう。そして付き合い始めてからも、いろいろな面でお互いの相性がいいかどうかということでも長続きするかどうか関係します。

初めの印象は、容姿から入ることが多いようですが、美人は3日で飽きるけれど、ブスは3日で慣れるともいわれるように、見た目は関係ないようです。何よりも価値観が近いことがポイントになるでしょう。

育ってきた環境などにより、違いを感じることが多くても、やはり歩み寄りが大切です。なんといっても、長続きの秘訣はある程度妥協しながら、相手に近づけていくことです。食事の好みでも、出かける場所でも、顔などの見た目も一緒にいるうちに似てくるものです。そして忍耐力、違う個性のある人間が共に過ごすのですから、気になることや嫌なこともあります。我慢しすぎることもよくないのですが、ある程度は見過ごすくらいの意識でいたほうがよいでしょう。

出会いや考え方はその後の恋人関係を継続させるもとになります。

常に自分が魅力的な人間であること

恋人との出会いというものを覚えているでしょうか。

相手と顔を見合わせた瞬間、そして会話など、いろいろなことを覚えているという人もいますが、多くの場合は全然覚えていないというようなことがほとんどです。

というのも、やはりこれから恋人になるかどうかの出会いというものがこの瞬間だというように考えていないからということが言えます。

普通に友達としての出会いであっても、結局恋人になるということになれば、最初の出会いのタイミングというのがまず第一のスタート地点でもあるわけです。

恋人関係を長続きさせたいというように考えている人であれば、まず出会いの瞬間というものをいかに大事に考えとらえておくかということが非常に重要なことともなります。

友達のままで終わるか、それとも恋人として、さらには結婚を意識して行くようなさらに親密な関係になるかというのは、誰にもわからないものですが、それを逆に自分自身が大事にして、丁寧な会話をするように努めたり、自分の魅力をきちんと表現できたり、また相手に対しての親切心というものを大事にしていけるというような考えを持っていれば、良い方向に関係が進むというようにもなる可能性は高いのです。

ですから、長続きをするということは、その人自身が常に魅力的であるという印象を持ってもらう必要があり、それはいつ何時どこででも暖かさや優しさ、穏やかさというものを兼ね備えている人間になれるように努力するということが必要にもなります。

あまり近づきすぎず、ちょうど良い距離感を持つこと

出会いから恋人関係になることが重要なことではありません。

恋人同士になってからのほうがむしろスタートなのです。

付き合うことだけに重点をおいていますと、せっかくの出会いがあって恋人になれたとしてもすぐに別れてしまいます。

それでは長続きさせるためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは相手とはあまり四六時中一緒にいないようにしてください。

好きな人とはずっと一緒にいたいと思うものですが、それをぐっと我慢しなければいけません。もう少し一緒にいたいという気持ちこそが相手に対する恋愛感情の持続につながるのです。

そして相手も同じように恋愛感情を持続させてくれます。あまり頻繁に会いすぎますとお互い恋人同士であることに対して有り難味を持てなくなるのです。

あえて有り難味を知るために我慢してください。

ただしあまりにも長期間合わないのは問題です。

長期的に会わないと相手がいなくてもいいようになるのです。

恋人のいない生活に慣れてしまいますと逆に会うのが面倒になってしまいます。

ですので一番いいのは一か月に一度や二週間に一度くらいの割合で会うことです。

まだ、出会いからそれほど経過していない場合にはもっと多く会っても構いません。

それからもう一つは相手に対してすべて自分のことを話さないようにすることです。あまり話しすぎますと自分に対して興味を持ってもらえにくくなるからです。何か秘密めいたものを持ってるほうが長続きしやすくなります。

あまり近づきすぎずに、ちょうど良い距離感を持って付き合うのが長続きさせる秘訣です。

共通の趣味や話題があること

現代は男女が非常に出会いやすい環境が整っていると言えます。パソコンやスマートフォンのインターネットには簡単に手軽に男女が出会える場がたくさん設けられているのです。

例えばインターネットの出会い系サイトなどは、誰もが気軽にアクセスし、異性とチャットやメール駆使し、コミュニケーションを図ることができるのです。こうしたコミュニケーションでフィーリングがあえば、待ち合わせてさらにコミュニケーションを図り恋人関係に結び付けることも可能なのです。

こうした出会いで恋人関係になっても、なかなか長続きしないと嘆く人が多いものです。こうした場合、最初のチャットやメールでのコミュニケーションの段階で、共通の趣味などをより多く見つけておくことが大事なのです。

恋人関係になって共通項や共通する楽しみ、話題、趣味が豊富にあると、一緒に出かけたり一緒に時間を共有する機会が増えます。そのことでお互いの存在がかけがえのないものになっていき、結婚なども視野に入れられる付き合いになっていくのです。

長続きさせるには互いに尽きることのない共通した話題があると良いと言えるでしょう。また永続的に付き合いを続け、結婚まで視野に入れるのであれば、互いに傍に居てくれることに感謝し、お互いを労わる心を忘れてはいけません。このようにお互いを思いやって感謝の心を忘れなければ、結婚してからも仲の良い夫婦として永遠に添い遂げることが出来ることでしょう。

素直な心、出会いを大切にする、相手を思いやる気持ち!

良い出会いで恋人になることが出来た後、そのつきあいが長続きすることを誰もが願うものです。では、どのようにすれば恋人関係を長続きさせることが出来るのでしょうか。

まずは素直になることです。自分をつくっていたり、色々なことを我慢して無理を重ねたりしていても、長く続きません。自分自身が疲れ果ててしまいます。素直に自分を出すようにしましょう。もちろん、我儘を言ったりすることはあまり良くはありません。しかし、恋人のことで我慢がならない事があった場合は、素直に告げた方が良いのです。喧嘩もするでしょうが、そうしてお互い、正直になることで関係は深くなっていきます。

また、出会いを大切にすることがとても大切です。せっかく出会いがあり、恋人となることが出来たのです。出会うことが出来たことを感謝し、自分を大切にしてくれる相手に感謝の気持を忘れないようにしましょう。

そして、相手のことも大切にするようにしましょう。お互いのことを思いやることがとても大切なのです。自分勝手なことばかりを言ったりしたりしているカップルは、あまり長くつきあう事ができない可能性があります。お互いを思いやり、大切にしあっている恋人たちは、いつまでも仲良くつきあっていくことが出来るのです。

その他、あまり互いを束縛しすぎないことも大切です。もちろん、全く連絡もなしというのも困りますが、お互い、自由の時間を大切にするようにしましょう。いつも一緒ではなく、たまには友人たちと遊ぶなどプライベートの時間をもつようにした方が長く続いていくことでしょう。

妄想をせずに寛容な心を持つことが大切

出会いは多くすぐに恋人ができるのに、なぜか長続きしない、という人はよくいます。恋愛というのは出会いから恋人同士になるまでが実は一番最高の時期と言えます。なぜなら、その時期は相手の良いところばかりを見て妄想ばかりが膨らむからです。

妄想というのはどんな人でもするものです。たとえば、相手と付き合ったらこんな言葉をかけてくれる、こんな風に優しくしてくれる、などと想像することは恋愛の一番の楽しみであるからです。しかし、このときが実は一番危険な時期とも言えます。

妄想は自由なので相手のことをあまり知らないのに勝手に自分の中でどんどん素晴らしい人に育っていきます。あの人はきっとこんな風だ、と期待してしまうのです。ですが、実際に付き合ってみるとそんな妄想とは程遠いものです。相手は実はそんなにロマンティストではないし、そこまでお金も持っていない、誕生日にサプライズするなんて発想もない、普通の人であることのほうが多いからです。

そうなると急に煩わしくなってしまう人がいます。理想の人ではなかったとため息をつきはじめます。そこで出会いのころの甘い恋人ムードは一転。急に飽きてしまうのです。当然、そこで別れがくるのも仕方ありません。

しかし、ここで言いたいのは妄想は相手もしていることを忘れてはいけないということです。相手が理想の態度ではなかったのは実は相手もすでにがっかりしてしまっている可能性があるのです。それを頭において、理想と現実はすっぱり分けましょう。

恋人と長続きしないとお悩みの方は、あまり出来すぎた妄想で相手を創り上げず、寛容な心で良いところを見てみましょう。そして、それと同時に自分磨きをすることも忘れてはいけません。